C.O.F.F.E.E.C4D R11 SDK

C4D 複数選択されたシーン全体のタグの取得 C.O.F.F.E.E. R11 SDK

複数選択されたオブジェクト同様、選択されたタグを取得します。

R9.6 SDKでのタグの取得は、オブジェクト単位ですので、GetActiveTag(op)/SearchNext(BIT_ATAG)/while()での取得は、指定したオブジェクトに取り付けられたタグしか取得できません。

シーン全体の選択されたタグを取得するには、更にdoc->GetFirstObject()/obj->GetDown()/obj->GetNext()/obj->GetUp()等も使わなくてはいけませんでした。

要するに、シーン全体の全てのオブジェクトを1つづつ捜査し、そのオブジェクトに取り付けられた選択されたタグを取得するのです。

続きを読む "C4D 複数選択されたシーン全体のタグの取得 C.O.F.F.E.E. R11 SDK"

|

C4D 複数選択されたオブジェクトの取得 C.O.F.F.E.E. R11 SDK

複数選択されたオブジェクトの取得と言えば…
このブログを読んいただいている方は、多分次のように答えてくれるでしょう…
GetActiveObject(doc)/SearchNext(BIT_AOBJ)/while()を使って取得する。

/*
複数選択されたオブジェクトを取得しコンソールに名前を表示
2009.5.30
*/


main(doc , op)
{
  var obj = GetActiveObject(doc);   //選択された先頭のオブジェクトを取得


  //選択されたオブジェクトを取得して名前を表示
  while(obj){                       //オブジェクトが無くなるまで繰り返す
    println(obj->GetName());        //オブジェクトの名前を表示
    obj = obj->SearchNext(BIT_AOBJ);//次の選択されたオブジェクトの取得
  }
}

こんな具合だね。

続きを読む "C4D 複数選択されたオブジェクトの取得 C.O.F.F.E.E. R11 SDK"

|