MoGraphを習得しようかと…

C4D Broadcast R13を手にして…
Broadcastには、ThinkingParticlesが搭載されていないので、MoGraphを楽しんでみようかと…
実のところ、MoGraphは超素人級なのだ…へへ

よくある「積み木崩し」的な事は、あまりしたくなく…
でも、多分するんだろうけど…

で、どうすると効率的に深く習得できるか…
ヘルプ読む?
あ、cineversityが、あったね…

とりあえず、「CINEMA 4D トレーニングサイト」を参考に学習する事にした。
MoGraph基礎
MoGraphとダイナミクス

最近、頭が固くなってさっぱり新しいことが頭に入ってこない…

なるほど、MoGraphはMoGraphだけにあらず…
いろんな物と組み合わせて使うのか…

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:レイヤ設定を試してみた。

単純にレイヤをC4D Pythonで試してみた。
レイヤ自体の使い方はヘルプ読んでみて…
あ、BodyPaintの方じゃないのだ…

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:複製したマテリアルにレイヤを設定

マテリアルの複製を沢山したら、何がなんだか分からなくなるよね。
じゃぁ、複製したマテリアルにレイヤを設定してみる?

前回のスクリプトにレイヤ設定を追加してみた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:マテリアルの複製

マテリアルマネージャ内の選択されたマテリアルを複製する。
「ctrl + ドラッグ」でマテリアルの複製は出来ますが…
C4D Pythonでは?

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:アニメーショントラックを他のオブジェクトへコピーするスクリプトを作ってみた。

前回はアニメーショントラックをコピペするために、クリップボードにオブジェクト名を渡すと言う安直な方法を試してみた。

今回は、クリップボードを使わない方法を考えてみた。

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:アニメーショントラックを他のオブジェクトへコピーするスクリプトを考えてみる。

前回は、c4d Pythonでアニメーショントラックのコピーができるのか確かめた。
コピーできるのは確認できましたが、コピーするためにヌルオブジェクトを追加してユーザデータを設定し、ドラッグ&ドロップと… でスクリプトを実行。
全く実用的ではないのだ。

では、どうしようか?

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:オブジェクトのアニメーショントラックを他の複数のオブジェクトへコピーしてみた。

あぁ、かなり久々のネタで…
どういう風に書いていたのか忘れちゃって…
忘れたついでに、C.O.F.F.E.E.もPythonも、かなり忘れて…
そう言えばなんだか、CoffeeScriptなるものがあるんだね。
全く、まぎらわしいなぁ…

で…

このブログのアニメーショントラックの記事にコメントが付いたので…
C4D Python R12 テスト:アニメーションのトラックにアクセスしてみる。
任意のオブジェクトのアニメーショントラックを複数のオブジェクトへコピーをC4D Pythonで試みた。

あくまでも「試み」なので実用的なスクリプトではないけれど…
でも実用的にするには、スクリプトではC4Dの構造的に無理ではないか?
Plugin形式なら可能だと思うけど…
そう言えば、まだC4D PythonでPluginを書いたことないなぁ…
そのうちに…

あぁ…コメント付いてからかなり時間がたってしまった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

更に久々…

時間が全く割けなくて、放置状態になってしまいました。
久々にC4Dを触ってみると、使い方忘れてしまってる…
C.O.F.F.E.E.もPythonも忘れて…

ま、もう一度覚える楽しみが増えたと思うことにした。負け惜しみさ…

で…現状のC4Dは盛り上がっているのかな?下がっているのかな?

「C4D Prime」が自分の中でいつの間にか「プリメラ」に変わっていて… 連呼して笑われたよ…
C4D Prime/BroadcastはThinkingParticlesが使えないんだね… 忘れていたよ…
標準パーティクルをC.O.F.F.E.E.やPythonで操るか… かなり限界はあるけど…
「X-Particles」というプラグインがあるそうだね… 詳しくは知らないけど…

スプラインテキストやMoTextに日本語入れると文字化けして、日本語が使い物にならなかったけど… たしか1ヶ月前の事。
今試したら文字化けは解消されていた… 気のせいだったか?勘違いだったのか?
MS ゴシック/MS 明朝/メイリオしか試していないけどね…

とうとう使っていたPC(Pen4 WinXP)は、この春スクラップになった。さようならXP…
今はCORE i5 Win7…
スクラップになったPCのHDDを引っ剥がして、新しいPCに接続しようと思ったら…
今はSATAなんだね… IDEは過去の遺物なんだね…
外付けHDDにしようと思いショップ行ってHDDケース探しても、IDEタイプは置いていなかったね… ネットで買うか?到着まで時間がかかるから、IDE->USB変換を購入… データの移動の為だけに…

|

C4D Python R13 テスト:PythonでXPressoタグを試してみた。#5:設定済みXPressoタグ付のヌルオブジェクトをシーンに追加する。

今回はオブジェクトを選択してスクリプトを実行すると、「定数」ノードと「オブジェクト」ノードを追加。
「定数」ノードの出力をベクトル型に、「オブジェクト」ノードの入力に「絶対位置」を追加。
「定数」ノードのベクトル値に適当な数値を設定し、「オブジェクト」ノードの「絶対位置」を連結。
ここまでを一連でc4d.Pythonスクリプトで作ってみよう。

最終的には、下のような状態になるようにします。
立方体を選択して、スクリプトを実行すると、XPressoタグ付ヌルオブジェクトが追加されます。

Xpressotag_20

Xpressotag_19

何かの参考になれば良いですが…
使い道はあるのかなぁ…?

» 続きを読む

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:PythonでXPressoタグを試してみた。#4:ポートの変数型を調べる。

XPressoタグのノードの変数型を調べてみよう。

今回も、C.O.F.F.E.E.タグを使います。
入出力に適当にポートを追加しておきます。

Xpressotag_18

変数型も適当に設定。
ポート名を変数型に変更してみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«C4D Python R13 テスト:PythonでXPressoタグを試してみた。#3:ポートの連結