« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年10月

C4D Python R13 テスト:クローナーで複製したオブジェクトをブールで合体…

C4Dフォーラム「3個以上のオブジェクトを一括でブールする方法」を読んで…

https://www.tmsmedia.co.jp/phpbb/viewtopic.php?f=4&t=137&sid=a06851dc958406beaa314b7c3733c3b9

クローナーで複製された全てのオブジェクトをブール「AとBを合体」で1個にしてみた…

続きを読む "C4D Python R13 テスト:クローナーで複製したオブジェクトをブールで合体…"

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:テキストファイルを試行錯誤で読み込んでみた…

あまり参考にはならないと思うのだ…

今回はテキストファイルを読み込んでみる。
と、言ってもC4Dから出力された、ポリゴンオブジェクトのポイントデータを読み込んで、ポリゴンオブジェクトのポイントに設定してみる。

ポイント X Y Z
0 0 50 -80.902
1 0 -50 -80.902
2 80.902 0 -50
3 80.902 0 50
4 0 50 80.902
5 0 -50 80.902
6 -80.902 0 50
7 -80.902 0 -50
8 50 80.902 0
9 -50 80.902 0
10 -50 -80.902 0
11 50 -80.902 0

「PointData.ZIP」

スペース区切りのように見えるけど、実はタブ区切り…
C4Dからエクスポートしたデータで、TSVだね。

これを読み込んで、ポリゴンオブジェクトのポイントのみを生成してみます。
ポリゴンは生成しません。

続きを読む "C4D Python R13 テスト:テキストファイルを試行錯誤で読み込んでみた…"

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:storageモジュールのファイルを開く/保存ダイアログ

開く/保存ダイアログは、ファイルのパスを取得するもので…
このダイアログでファイルを実際に開いたり保存したりするものではないのだ。

続きを読む "C4D Python R13 テスト:storageモジュールのファイルを開く/保存ダイアログ"

| | コメント (0)

C4D Python R13 テスト:ローカル座標からグローバル座標へ、更に違うローカル座標へ

C4D SDK R13がアップされているのだ…
気付いていなかった…

ダウンロードは…
http://www.maxon.net/en/support/plugin-cafe.html

Pythonをちょっとだけ見たけど…
threadingモジュールが追加された。
C.O.F.F.E.E.も変わったんだろうか…?

それは、それで…

今回は、ポリゴンオブジェクトを2個用意して、その2個を一体化してみようかなぁと思う…
CallCommand()なんかを使わないでね、ちまちま作ってみる。

2つ目のポリゴンオブジェクトのポイント座標(ローカル)をグローバル座標に変換して、1つ目のポリゴンオブジェクトのローカル座標へ変換して再構築…
こんな具合です。

続きを読む "C4D Python R13 テスト:ローカル座標からグローバル座標へ、更に違うローカル座標へ"

| | コメント (0)

C4D Python R12 テスト:現在の編集モードを取得

あれ?以前に書かなかったけか…
ポイントモードとかポリゴンモード、オブジェクトモードとか取得するの…
C.O.F.F.E.E.だったけか?

続きを読む "C4D Python R12 テスト:現在の編集モードを取得"

|

C4D Python R12 テスト:ポリゴンのポイントのグローバル座標

ポリゴンやスプラインのポイントのグローバル座標って、どうやって求めるんだっけ…
久ぶりだから忘れてしまった…
以前に書かなかったっけか?

続きを読む "C4D Python R12 テスト:ポリゴンのポイントのグローバル座標"

|

「C4D プラグイン インストール方法」等で、極まれに検索されますね…

C4Dのプラグインのインストールに、特別難しい事は無いと思うのですが…

Macは所有していないのでMacの場合は、知りませんけどね…
Win7でもないので、Win7の場合も知りませんけど…XPと同じである事を祈ろう…

完全に時代に取り残されつつあるね…
その内追いつこうかと…

Win XPの場合…
Pluginをインストールする場所は、Cinema4Dアプリケーションがインストールされているフォルダの…

通常だと…

C:\Program Files\MAXON\CINEMA 4D R13 Demo

ここにC4Dアプリケーションが保存されているね。(これは、C4D R13 Demo版だけどね…)
このフォルダの中に「plugins」と言うフォルダがある。

Pluginfolder_01

この中に、プラグインをインストールすると良いのだ…
簡単だね。

それと、マルチユーザ(1台のPCに複数のアカウントを設定してある)の場合ね…
自分だけが、そのプラグインを使いたい、というのであれば…

C:\Documents and Settings\アカウント名\Application Data\MAXON\CINEMA 4D R13 Demo_CFCE4312\plugins

皆さんのC4D R13のフォルダ名とは、若干違うと思いますけどね…

ここにインストールすると、他のユーザのアカウントでC4Dを起動してもインストールしたプラグインはメニューに表示されないようで…

この事は、プラグインだけの事ではなく、ユーザスクリプトも同様で…

C4Dのアプリケーション側にインストールするなら…

C:\Program Files\MAXON\CINEMA 4D R13 Demo\library\scripts

アカウント毎の設定側なら…

C:\Documents and Settings\アカウント名\Application Data\MAXON\CINEMA 4D R13 Demo_CFCE4312\library\scripts

と、言う事になるのね…

C4D R13の「スクリプト」メニューの「ユーザスクリプト」>「スクリプトフォルダ...」は…

Pluginfolder_02

アカウント設定側の「scripts」フォルダが開かれますね。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »