« C4D TP「PVolumePosition」ノードの位置の分布…の続き | トップページ | C4D MoGraphでチェーンの物理演算… »

C4D エクスプレッションの処理順位… X優先順位

このブログでは多分、触れていませんでしたが…
エクスプレッション(C.O.F.F.E.E.エクスプレッションやターゲットエクスプレッション、XPresso等)の実行する順番は固定ではなく、シーンを構築するC4Dの処理に差し込む事ができます。

図にする程のものではありませんね…
ヘルプからIKとClothildeの優先順位を書き込みました。

X_01_2

C4Dが1枚のイメージをレンダリングするには「最初」「アニメーション」「エクスプレッション」「Dynamics」「ジェネレータ」の順で処理をし、1フレームのシーンを構築するのですが…
この処理の中にエクスプレッションを差し込むことができます。
C4Dがキーフレームを処理する前にエクスプレッションを実行させるには、「アニメーション」の-1~-499(「最初」も可能)を指定します。

「アニメーション」より前に処理を挿入し、キーフレームが設定されているオブジェクトの値を参照すると、前フレームの値を読む事になりますので注意が必要です。

「ジェネレータ」はデフォーマやNURBS、標準パーティクルなどの生成処理です。

同じ順位を指定した場合は、オブジェクトマネージャのオブジェクト順や、オブジェクトに取り付けられたタグの順になります。

IKタグやMoccaのClothildeの順が固定になっています。

詳しいことは、ヘルプを読むとわかると思います。

X優先順位を指定するには、エクスプレッションの属性にあります。

X_02

|

« C4D TP「PVolumePosition」ノードの位置の分布…の続き | トップページ | C4D MoGraphでチェーンの物理演算… »