« C4D グラデーション曲線 | トップページ | C4D 内部拡散反射2…SSS »

C4D 内部拡散反射…SSS

Sss_01

「SSS_01.ZIP」

artist side C4Dコミュでは、「内部拡散反射で大理石の透明感」の質問が出ていますが…

大理石の透明感はどうすれば良いのだろうね…?

ま、透明「」…見る人によって感じ方は異なり…
基準が無いので「透明感:75%」と言う風には表すことができませんしね…

自分の日常生活の中で、大理石に遭遇する場面が無いので、想像するしかなく…
ま、想像の域から実際に存在する具体的な対象物の設定は、不可能に近いので…
具体的な「大理石」は取り上げません。

内部拡散反射チャンネルシェーダは、マテリアルの発光チャンネルに適用するんだね。
他に設定する所はありませんので、パラメータの意味を把握できれば「C4D SSS」を使用する為に、それ程悩む事でもないのだろう。
ただし、これだけのパラメータで現実的な物体を忠実に模倣できるかは、わかりません…

R10.5以前 R11以降
カラーフィルタ
浸透する光の強度 強度
フィルタが働く距離
フィルタの強度 吸収
サンプル数
最小距離
浸透距離
法線の向きで内部と外部を区別

重要だと思うパラメータだけ取り上げてみます。

強度(浸透する光の強度)

Sss_02

C4D SSSの具体的な数式がわからないので、予想ですが…
初期のパラメータの名前が「浸透する光の強度」なので、こんな具合だろうか…
でも100%以上の設定も可能…光が増幅すると言う意味だろうか…?

カラーフィルタフィルタが働く距離

Sss_03

カラーフィルタのグラデーションの左端が表面直下の拡散色…
右端がフィルタが働く距離の拡散色…
と言う事は単色の場合は、このパラメータには意味が無いのかな…
オブジェクトの見かけの色は、カラーチャンネル(表面の色)とミックスされます。

浸透距離

Sss_04_2

浸透距離は、光の強度が指数関数的減衰により半分になる距離の事…
拡散しながらオブジェクト内に浸透していくわけですね…
ヘルプによると、この数値の4倍から6倍まで浸透するらしい。

吸収

小さい値だと暗く、大きい値だと明るく…

これだけ解れば、「透明感」を表現だきるだろうか…?
「強度」と「浸透距離」が一番重要なのかなぁ…

Sss_05_2

「SSS_02.ZIP」

サイズ:200×200×200
強度:100%
浸透距離:10~250

浸透距離の変化の比較だったのですが、160~250(手前)比較としては、いまいちですね…
そうすると… 長めの浸透距離を微調整しても、あまり変化が出ないと言う事かな…

全ての強度を50%に下げました。
他のパラメータは同じです。

Sss_06

「SSS_03.ZIP」

3DCGをされている方であれば、マテリアルの設定だけでは、そのものを模倣することは無理だと言うことを知っている事でしょう…
合わせて、適切で効果的なライティングを設定する必要があります。
光が無いと、何も見えませんから…

|

« C4D グラデーション曲線 | トップページ | C4D 内部拡散反射2…SSS »