« C4D レンダービューのカメラを切り替えると…背景オブジェクトも切り替えてみる。 | トップページ | 何を企んでるか推測してください… 02 »

何を企んでるか推測してください…

Testpointsetter_03

「CamenaA」と言う画像と…

Testpointsetter_04

「CameraB」と言う画像で…
2つの画像の条件は、縦横比が同じで、画角は自由…

それぞれを以前作成した「CamMapCalib」プラグインを使ってカメラを合わせます。

Testpointsetter_05_2

Testpointsetter_06

基準点は同じ位置にして…
同じにしなくても大丈夫かな…

プラグイン実行後はこんな具合…

Testpointsetter_07

「PointSetter_01.ZIP」

画像から推測すると、2つのカメラは、基準点から90°ぐらいの開きが予想できますが…

Testpointsetter_08

「CamMapCalib」での作業で基準点を同じポイントに取ったので、単純に回転だけの作業でカメラの位置関係を正常なものにします。
基準点を同じにしなかったユーザは、移動も含めた作業になります。

ヌルオブジェクトをワールドの原点に追加しました。

Testpointsetter_09

後に合わせた「CameraB」の画像で追加された「カメラ.1」のセットをヌルオブジェクトの子オブジェクトにします。

ヌルオブジェクトをH:90°回転します。上から見たら反時計回り…
この回転は90°単位で行います。-180°、-90°、+90°、+180°です。-180°と+180°は、同じです。

Testpointsetter_10

「PointSetter_02.ZIP」

位置関係は問題ないと思いますが…

前回のカメラの切り替えに反応して背景を切り替えるXPressoを追加します。

Testpointsetter_11

「PointSetter_03.ZIP」

これで、カメラを切り替えると背景も切り替わります。

ここで、ヌルオブジェクトを2つ追加し名前を「マーカーA」とします。

Testpointsetter_12

ヌルオブジェクト「マーカーA」の表示を「ポイント」に、半径「20m」に変更…

表示色を適当に付けます。

Testpointsetter_13

赤にしました。

Testpointsetter_14

現在は原点に配置されています。

この2つのヌルオブジェクト「マーカーA」をそれぞれのカメラの子オブジェクトにし、カメラ前方に配置します。

Testpointsetter_15

カメラの子オブジェクトにした「マーカーA」がカメラから見える様にしてください。
逆にならないよう、間違えないようにします。

Testpointsetter_16

それぞれのカメラの子オブジェクトの「マーカーA」を見た目で対応するポイントに配置しました。

Testpointsetter_17

「マーカーA」の表示半径が大きすぎました…
小さくします。

Testpointsetter_18

半径を5mに変更しました。

Testpointsetter_19

2つの背景画像の共通するポイントに、同じようにヌルオブジェクト「マーカー」を配置していきます。

Testpointsetter_20

Testpointsetter_21

名前は自由に… 違ってもかまいません…
ただ順番だけは間違わないように…

Testpointsetter_22

こんな具合になりました。

Testpointsetter_23

Testpointsetter_24

ヌルオブジェクト「マーカー」はカメラ前に配置されています。

「PointSetter_04.ZIP」

さてここで、即興で製作しました「PointSetter」プラグインを使います…
記事の書き始めは、全てをXPresso対応にしようと思っていたのですが、急遽プラグインにしました。

「PointSetter.ZIP」

ごめんなさい、インストールしてC4Dを再起動してください…
出来立てなので、不具合が含まれているかもしれません…

仮ID:1000008です。
正式なプラグインではありません。
開いている重要なファイルは保存し閉じてください。

「マーカー」が取り付けられた2つのカメラオブジェクトを選択します。

Testpointsetter_25

プラグインメニューから「PointSetter」プラグインを実行します。

Testpointsetter_26

2個のカメラ以外が選択されていたり、カメラの子オブジェクトが全く無かったり個数が違うと実行できません。

実行後は、ヌルオブジェクト「markers」が一番上に追加されます。
ビューにも変化があります。

Testpointsetter_27

Testpointsetter_28

ビューのカメラをエディタカムに変更。

Testpointsetter_29

2個のカメラのマーカーから、背景画像に投影された特徴点の位置を割り出しました。
このプラグインは、あくまでも「CamMapCalib」プラグイン等で合わせた2個のカメラに対しての物なので、カメラの位置を設定したいない状態で「PointSetter」を実行しても無意味な結果になります。

記事を書き始めて2、3時間で、プラグインの作成は30分くらいなので不具合があるかもしれません。
十分気をつけてください。

ヌルオブジェクトではなく、ポリゴンオブジェクトのポイントにした方が良かっただろうか…?

|

« C4D レンダービューのカメラを切り替えると…背景オブジェクトも切り替えてみる。 | トップページ | 何を企んでるか推測してください… 02 »