« Pythonを単体でインストールしてみた。 | トップページ | 前回、Pythonを入力する為の「Eclipse SDK」の紹介をしましたが… »

C4D Py4DでPythonを使うために… Pythonのコーディングする時の外部エディタを…

Py4Dのサイトに「Eclipse」と言う統合開発環境での、Py4DのPythonを使用する為のセッティング動画が公開されています。

http://www.py4d.com/pydev-support/

この統合開発環境「Eclipse」を使うのかは、各ユーザの判断で決めてください。
Python製のプラグインを作らないのであれば、あまり必要ではないと思います。
オブジェクトに取り付けるPythonタグやXPressoでのPythonノードの為に、わざわざ別アプリケーションを起動し、そちらに打ち込んでコピーして、タグやノードにペーストするという方法も取れますが…
どう考えても生産性が悪いですね…

Python製のプラグインを作るユーザは…

テキストエディタでは不満…
Py4Dのエディタでも不満…

と思ったC4Dユーザは、参考にしてみてください。

統合開発環境「Eclipse」を使うと、ハイライト表示や、入力補助などの様々な恩恵を受けられます。
自分はと言うと… 使用するかどうかは、わかりません。
別のアプリケーションを使うかもしれませんし… テキストエディタかもしれません…

この作業は、WindowsXP 32bitでの環境下での作業です。
Macユーザには、参考にならないかもしれません。

Eclipseの入手

「Eclipse」の入手先は…
http://www.eclipse.org/

Eclipse_01

どちらも、同じダウンロードの頁にリンクされています。

Eclipse_02

さて、どれをインストールしたら良いのだろうか…

以前JAVAを学習する為に、一番上の「JEE」をダウンロードしたような記憶がありますが…
結局は、JAVAでの明確な目標が無かった為に、JAVAの学習もEclipseの操作方法も習得せず… JAVAの書籍だけ読んで、放置してしまいました…

Py4Dのサイトでの設定動画には、アプリケーションウィンドウのタイトルバーに「Eclips SDK」と記載されているので、それを入手してみましょう…
で、どれだろう…

Web検索してみると、一番下の「Eclipse Classic 3.5.1」が、どうもそうらしいようです。
もしかすると、一番上の「JEE」でも良いのかも知れませんが…

Eclipse_02_02

では、クリックして次に進みます。

Eclipse_10

ダウンロードのミラーサーバが自動的に選択されます。
表示されているミラーをクリックして次に進みます。

Eclipse_11

zipファイルなので、「保存」をクリックします。

Eclipse_12

適当なフォルダを選んでダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍した内容です。

Eclipse_13

インストーラは無さそうなので、「eclipse.exe」が本体のようです。

Eclipse_13_01

このフォルダごと、「C:\Program Files\」なり、自分のアプリケーションをまとめてあるディレクトリへ移動させてください。
移動の必要が無ければ、そのまま使用します。

では、「eclipse.exe」を起動させます。

Eclipse_06_1

Workspace Launcherは、作業用のフォルダを選択します。
適当なフォルダを作成し、指定します。

Eclipse_14

メニュー等の表示が英語です。
英語表示で良いのであれば、このまま使用してください。
自分は、日本語表示が良いので、日本語化の作業をします。

Web検索すると、日本語化の手続きが幾つかヒットしますので、具体的な内容はそちらを参考にしてください。

Eclipseの日本語化の作業

日本語化の作業を始めてみます。

Eclipse_15

「Help」メニューから、「Install New Software...」を選択します。

Eclipse_16_01

右上の「Add...」ボタンをクリックして次に進みます。

Eclipse_17

Name:  Babel Update Site
Location:  http://download.eclipse.org/technology/babel/update-site/galileo

日本語ランゲージパックをダウンロードするために、この2つを入力します。
入力が済んだら、「OK」ボタンをクリックします。

Eclipse_18_03

「Babel Language Packs in Japanese」を選択して、「Next」ボタンをクリックします。

Eclipse_19_01

何も操作をせずに「Next」ボタンをクリックしました。

Eclipse_20_01

「I accept the terms of the license agreements」を選択し「Finish」ボタンをクリックします。

Eclipse_21_01

セキュリティに引っかかりましたが、続けてインストールする為に「OK」ボタンをクリックしました。

Eclipse_22_01

最後に「Yes」ボタンをクリックすと、Eclipseが再起動されます。

Eclipse_23

メニューが日本語になりました。

さて、このEclipseでPythonのコーディング行うには、「PyDev」が必要だそうです。

PyDevの入手

「PyDev」の入手先…
http://pydev.org/

「PyDev」の入手は、日本語化をしたときと同じようにEclipse上で行います。

Eclipse_33

「ヘルプ」メニューから、「新規ソフトウェアのインストール...」を実行します。

Eclipse_34_01

右上の「追加...」ボタンをクリックします。

Eclipse_36

名前:  PyDev
ロケーション: http://pydev.org/updates

この2つを入力し「OK」ボタンをクリックします。

Eclipse_38_01

「PyDev」を選択し「次へ」ボタンをクリックします。

Eclipse_39_01

何も操作をせずに「次へ」ボタンをクリックしました。

Eclipse_40_01

「使用条件の条項に同意します」を選択し「終了」ボタンをクリックします。

Eclipse_41_01

セキュリティに引っかかりましたが、インストールを続けるので、「OK」ボタンをクリックします。

Eclipse_42_01

最後に「はい」ボタンをクリックして、Eclipseを再起動させます。

Eclipse_43

見た目は変わってないですが…
これで、「PyDev」がインストールされました。

Pythonインタプリタの設定

ここからは、Py4Dのサイトでの設定動画と同じ作業をします。
残念ながら、動画はMacでの作業です。
この作業は、Py4Dの為の作業です。

では、続けて作業します。

Eclipse_44

「ウィンドウ」メニューの「設定」を実行します。

Eclipse_45_01

右上の「新規...」ボタンをクリックします。

Eclipse_53_01

「Browse...」ボタンをクリックして、「Py4D」に含まれている「python.exe」を指定します。

Eclipse_58

Eclipse_54

「pyhon.exe」を開きます。

Eclipse_55_01

NameとExecutableの両方が自動的に設定されました。
「OK」ボタンをクリックします。

Eclipse_56_01_2

操作は何もせずに「OK」ボタンをクリックしました。

Eclipse_57_01

最後に、「OK」ボタンをクリックして、設定が完了します。

確認作業

Eclipse_59

「ファイル」メニューから「新規」「Pydev Project」を実行。

Eclipse_60

Project nameを適当に「testPy4D」と入力しました。

下のInterpreterにPy4Dのプラグイン内にあるpython.exeを指定します。

「終了」ボタンをクリックします。

Eclipse_61

残念ながら、Eclipseの使い方がわからないので、ここまでとします。

ちょっとだけ…

左側の「testPy4D」下の「src」を右クリックして…

Eclipse_62

「新規」>「ファイル」を実行…

Eclipse_63_2

ファイル名を適当に「test.py」と入力し「終了」をクリックしました。

Eclipse_64_2

真ん中の「test.py」の中に、サンプルプラグインのpypファイルからコピーした「RoundedTube.pyp」をペーストしてみました。

Eclipse_65

Pythonコードが、ハイライト表示されています。
問題ないようです。

完全に設定できているのかは不明です…
Eclipseのワークスペースは適当に設定しましたが、Py4Dプラグインのフォルダ内が良いかも知れません…
すみませんが、詳しくはわかりません…

今回の作業のディレクトリのまとめ

Eclipse_66

無計画で適当にフォルダを作って指定したので、わかり辛くなってしまいましたので…
作業に使った、主要のドライブとフォルダです。
ドライブを分ける必要は無かったんですけどね…
全て、C4Dが入っているドライブで作業を展開すれば…
eclipseも、Applicationフォルダ、Eclipseフォルダ、eclipse-SDK-3.5.1-win32フォルダ、eclipseフォルダと、無駄に幾つも作ってしまいました。

ダウンロードして、解凍した段階で、一度ディレクトリの整理をしてから設定した方が良いかも知れません。

|

« Pythonを単体でインストールしてみた。 | トップページ | 前回、Pythonを入力する為の「Eclipse SDK」の紹介をしましたが… »