« webを徘徊していたら、こんな物を見つけた… | トップページ | C4D Py4DをC4D R11.5Demoへインストールしてみた… »

C4D Py4D…

Py4Dかぁ…
Pythonかぁ…

オモシロイのかなぁ…

Py4D
http://www.py4d.com/

Web検索しても日本語解説は無し…
相変らず…

日本人のC4Dユーザは使ってないのだろうか…

MAXON JAPAN Twitterより…
>MAXONは、Py4Dの開発元との戦略的提携を発表。

将来的にC.O.F.F.E.E.は、なくなるのだろうか…?
他のアプリもPythonに対応しだしたし…
そうすると、やはりローカル言語のC.O.F.F.E.E.の存在価値は危うい…

C4DでPy4dを使えるようにするには、どうするんだろう…?

Py4Dをインストールして…
Pythonもインストールしないといけないんだよね、多分…

詳しい事が、わかんないね…
戦略的提携」と言う事は、日本語の情報もMAXON JAPANからも提供されるという事だろう…
楽しみに待ってみよう…
でも、標準装備のC.O.F.F.E.E.の日本語情報は提供されていない…
期待しても無駄かも…

Py4Dの仕組みはどうなってるんだろう…
Py4DはC4DとPythonとのバイパスの役割なんだろうか?
PythonスクリプトをC4D上からPy4Dを仲介してPythonへ渡して、Python側で処理してPy4Dを再度仲介してC4Dへ戻すんだろうか…?
Pythonはインタプリタ…C.O.F.F.E.E.と同じく実行速度は遅いのかなぁ…?
わからないね…
Py4Dで全てを処理するの?

わかった事は、入手するには登録制…
11桁のコードと名前とメルアド…
http://www.py4d.com/get-py4d-license/
トライアル版が期限付きで2010/3/31

C4D R11.x対応かぁ…
C4D R11.5Demo + Py4D期限付きトライアル版でも良いのだろうか…2010/3/31までだけど…

Pythonだから、全てのコードがオープンになるんだよね…
暗号化とは、できないんだよね…
コンパイルは、できるのだろうか…?

MAXON JAPANでは…
http://www.maxon.net/ja/news/singleview-default/article/maxon-announces-strategic-partnership-with-developer-of-py4d.html

>C++ SDKとほぼ同等のアクセスが可能です。

という事は、C++とは同等ではないのかぁ…
ま同等でないにせよ、C++に近いアクセスが可能なら…
C.O.F.F.E.E.には限界がありすぎ…
個人的にはC.O.F.F.E.E.をもっと拡張してほしいけど…
やはりローカル言語で、そして制限があるC.O.F.F.E.E.の存在価値は更に危うい…

Py4DはC++並みという事は、属性マネージャ等も使えるんだね…
ポストレンダーあたりの処理もできると言う事だろうか?
Bitmapの処理も可能?

色々考えると、C4D R11.5Demo + VC++全てが無料で…
Pythonの容易に習得ができると言うのも捨てがたい…
でも、以前Pythonを習得しようとPython3.0を入手しインストールしたまま、放ったらかし…
明確な目的も無く入手しても、学習意欲が湧かないと駄目なんだね…
この期に…

それとも…
C4D + C++を気合入れて、完全に本気で習得するか…?

Py4Dは、まだベータ版なんだね…
製品版では無いのか…
製品版は、有料になるのかなぁ…

何にしてもC4Dの日本語の情報が少なすぎる…

英語を覚えれば良いんだよね…
それよりも、完璧な翻訳ソフトを誰かが作ってくれれば良いんだ…
それにしても、翻訳ソフトは何時になったら、まともなものができるんだろう…
「文を多言語へ変換する」様な表層的なアルゴリズムから脱しないと、これ以上はまともにならない様な気がしますが…

|

« webを徘徊していたら、こんな物を見つけた… | トップページ | C4D Py4DをC4D R11.5Demoへインストールしてみた… »