« 何を企んでるか推測してください… | トップページ | C4D レンダリングした画像の生成されたα »

何を企んでるか推測してください… 02

しかし… 前回のマーカーの配置をプラグイン内(UserArea等)で完結できないだろうか…
面倒臭そうですな…
沢山マークする場合は、ヌルオブジェクトが大量に必要になりますね…
よく考えると、マーキングは3次元空間で行う必要は無いんですけどね…
そうすると、ビューのカメラの切り替えで背景オブジェクトを切り替える必要もないわけで…

背景オブジェクトの切り替えは、無駄だったのだろうか…
いやいや、まだ全てをプラグイン内に組み込むとは言っていないのだ…

前回の続きです。
最終的に、ヌルオブジェクトが配置されました。

Testpointsetter_29

「PointSetter_05.ZIP」

後は、ポリゴンオブジェクトをシーンに追加し…

Testpointsetter_30

ヌルオブジェクトの位置にポイントを追加します。
ポイントの追加は、スナップツールを働かせると良いでしょう…
3Dモードで軸にスナップさせます。

Testpointsetter_31

当然の事ですが、ポイントの追加は「エディタカメラ」で行います。

Testpointsetter_32

「PointSetter_06.ZIP」

ポイントを追加しましたが、「ポリゴンの作成」でダイレクトにポリゴンを追加した方が速いですね…

ポイントを先に追加したのであれば、「ブリッジ」か「ポリゴンの作成」でポリゴンを作成します。

Testpointsetter_33

2個のシーンカメラから見てみます。

Testpointsetter_34

Testpointsetter_35

誤差がありますね…
でも、モデリング時のアタリぐらいには…

「PointSetter_07.ZIP」

では、ヌルオブジェクトではなく、ポリゴンオブジェクトを追加するように変更しました。
ただし、ポイントのみでポリゴンはありません。

でも、まだ…仮プラグインのままです。

「PointSetterPlugin.ZIP」<<これは、仮プラグインです。

このプラグインの使用の際は、ご注意を…

「ブリッジ」や「ポリゴンを作成」でポリゴンを追加してください。

対応できないポイントも手動で追加してみました。

Testpointsetter_36

「PointSetter_09.ZIP」

プラグインで追加されたポイントは修正していません。

では、背景画像をカメラマッピングします。
「CameraB」の画像の方が、対応ポリゴンが多いので「CameraB」を主体に選択範囲を設定していきます。

Testpointsetter_37

「カメラ.1」から見える全てのポリゴンが選択範囲「B」です。

Testpointsetter_38

「カメラ」から見えているポリゴンの内、選択範囲「B」以外のポリゴンを選択範囲「A」に設定しました。

Testpointsetter_39

2つの背景画像を適用して、それぞれ選択範囲を設定します。
カメラマップのカメラ設定とピクセル数も忘れずに…

Testpointsetter_40

「PointSetter_10.ZIP」

エディタカメラに切り替えて確認しました。

Testpointsetter_41

Testpointsetter_42

選択範囲外は、デフォルトのマテリアルです。

設定通りで、問題ないようです。

|

« 何を企んでるか推測してください… | トップページ | C4D レンダリングした画像の生成されたα »