« C4D PyroClusterを「取りあえず使う」為のきっかけ… | トップページ | C4D 「ターゲットカメラ」の様に「カメラターゲットオブジェクト」を追加しない「ターゲットカメラ」ユーザスクリプト »

C4D XPresso付きヌルオブジェクトを追加するユーザスクリプト

XPressoタグは、C.O.F.F.E.E.エクスプレッションタグとは違い、効果を与えるオブジェクト以外でも、どのオブジェクトにでも取り付けても問題が無いわけで…
ま、C.O.F.F.E.E.エクスプレッションタグも main(doc , op) から doc や op を使わず、GetActiveDocument()/BaseDocument->FindObject(オブジェクト名)等を使って、手動で取得すれば、どのオブジェクトにでも取り付ける事は可能ですが…
紛らわしくなるので、C.O.F.F.E.E.エクスプレッションタグは、効果を与えるオブジェクトに取り付けた方が良いと思います。
紛らわしさを考えるとXPressoも同じく、効果を与えるオブジェクトに取り付けた方が良いかと…

でも、シーン全体をコントロールする為のXPressoは、まとめてヌルオブジェクト等に取り付けた方が良い場合あります。

そんな時に、ヌルオブジェクトをシーンに追加しXPressoタグを取り付け…
そんなに煩わしくはないのですが、アイコン1回クリックで、XPresso付きヌルオブジェクトが追加されると便利でしょう… そうでもないですか?

簡単なので、スクリプトだけの紹介です。

/*
XPresso付きヌルオブジェクトをシーンに追加
2009.10.27
*/


main(doc , op)
{
  var nul_obj = new(NullObject);      //ヌルオブジェクトの割り当て
  var xpr_tag = AllocTag(Texpresso);  //XPressoタグの割り当て

  nul_obj->SetName("XPress");         //ヌルオブジェクトの名前を変更

  nul_obj->InsertTag(xpr_tag);        //ヌルオブジェクトにXPressoタグの取り付け
  doc->InsertObject(nul_obj , NULL , NULL);//シーンにヌルオブジェクトの追加
}

コメントを付けましたので、説明はしません。

|

« C4D PyroClusterを「取りあえず使う」為のきっかけ… | トップページ | C4D 「ターゲットカメラ」の様に「カメラターゲットオブジェクト」を追加しない「ターゲットカメラ」ユーザスクリプト »