« C4D シーンモーションブラー処理中のXPressoのC.O.F.F.E.E.ノードでの出来事… | トップページ | C4D XPresso付きヌルオブジェクトを追加するユーザスクリプト »

C4D PyroClusterを「取りあえず使う」為のきっかけ…

以前、PyroClusterは単独のモジュールで…
現在は、Advanced Renderに含まれているんですね…
http://www.maxon.net/ja/products/modules/modules/advanced-render-3.html
http://www.maxon.net/ja/products/modules/modules/advanced-render-3/pyrocluster.html

PyroClusterの発表当初、ThinkingParticlesと組み合わせて使うと、素晴らしい作品ができると、アナウンスされました。
だから、ThinkingParticlesも合わせて購入された方もいるかと…
ThinkingParticlesは、XPressoベースなのでXPressoを自由に使えないと、お気軽に使えないのだ。

PyroClusterは、ThinkingParticlesと組み合わせて使うものだと思われている方…
XPressoが自由に使えないからPyroClusterを使っていないという方…
PyroClusterをレンダリングしてみて、あまりに遅いから使っていない方…
マニュアルを斜め読みして重要な事を逃していませんか?

恥ずかしい話、これは全て自分の事なのですが…
えっ?XPresso使えているじゃないか…このブログを読んでいる方は、そう思ってくれていると思いますが…
ThinkingParticlesのXPressoが自分になじまなくて…

今回はThinkingParticlesの話ではなく… PyroClusterで… 自分と同じ、「抜け作」さんが使い始めるきっかけの為…

では…
「抜け作」が書く事なので… PyroClusterを使う為の周知の事なので… 知っている方は鼻で笑ってください。

PyroClusterは、ThinkingParticlesとの組み合わせだけではなく、標準パーティクルでも使用が可能です。
マニュアルに書いてあるんですよね… もっと目立つように大きく書いてあれば…

必要最低限の設定は…

オブジェクト

  • 標準パーティクルオブジェクト (「PyroCluster」マテリアルを適用)
  • 環境オブジェクト (「PyroCluster - ボリュームトレーサ」マテリアルを適用)

マテリアル

  • PyroCluster
  • PyroCluster - ボリュームトレーサ

これだけです。

Tp_01

この状態でレンダリングすると…

Tp_02

追加して適用しただけのプリセットの状態で、19秒かかりました。
PCが古いので目安にはならないかも…

さて、他のオブジェクトを追加したり、大きな画像にしたりするとレンダリングにかかる時間が増えます…
これで、アニメーションをレンダリングすると…
レンダリングに、かなりな時間がかかると…

そこで、PyroClusterにはレンダリングクオリティを操作してレンダリングにかかる時間を軽減する事ができます。

Tp_03

「PyroCluster - ボリュームトレーサ」マテリアルの「レンダリングモード」を操作します。

初期設定では、一番時間のかかる「濃密な」に設定されています。

では、この設定を変えてみます。

先のどの「濃密な」:19秒
Tp_04

「普通の」:4秒
Tp_05

「薄い」:1秒
Tp_06

問題が無ければ「普通な」でも良いのだ…
と言うよりも…プリセットの状態が「普通な」になっていれば、導入して最初のレンダリングで「時間がかかって実用的でないかも…」って思われる事も少なくなると思うのだけど…
ま、マニュアルを斜め読みした自分が「抜け作」だっただけなんですけどね…

勿論、「PyroCluster」マテリアルの設定の違いでかかる時間は変わります。
設定は、プリセットの「ユーザ設定」になっています。

あとは… 必要に応じて、オブジェクトを追加してください。

標準パーティクルなので、モディファイアオブジェクト
風/重力/反射/タービュランス/減速/引力/回転/減速
が気軽に使えます。

環境オブジェクトに「PyroCluster - ボリュームトレーサ」マテリアルを適用していますが…
オブジェクトに適用することができます。

例えば「立方体」プリミティブに適用すると、「立方体」の中だけボリュームとレーサが適用されます。

Tp_07

PyroClusterの設定は「火山」に変更しました。
ライトを追加しました。
無限遠で影はハード…
ボリュームトレーサのクオリティは「薄い」… 「薄い」のに結構きれいにレンダリングしてます。時間は、3秒…

では、「立方体」を追加してボリュームトレーサを適用しますと…

Tp_08

そのままでは、判り辛かったので空オブジェクトも追加しました…
時間は1秒未満…

レンダリングされたものを見ると…
パフが全てある状態でシェーディングされ、その空間を切り出しという様になっています。
断面が暗くなってしまっています。
どうせなら、パフを切り出した状態で、シェーディングすると良いんですけどね… 無理だろうか…

Tp_09

試しに、適当に追加して… 適当なのでイマイチ…
「TPtest.ZIP」

これで、みっちりPyroClusterの設定を練習して…
あとは、ThinkingParticlesのXPressoを覚えるだけで、素晴らしいPyroClusterのアニメーションが作れることでしょう…

|

« C4D シーンモーションブラー処理中のXPressoのC.O.F.F.E.E.ノードでの出来事… | トップページ | C4D XPresso付きヌルオブジェクトを追加するユーザスクリプト »