« C4D CamMapCalibでテクスチャの投影を「正面」から「カメラマップ」へ… 更に「UVW座標を生成」で「UVWマップ」へ変更すると… | トップページ | C4D UVWタグでポリゴン数の違うオブジェクトへ複製すると…? »

C4D CamMapCalibでテクスチャの投影を「UVW座標を生成」で「UVW」へ変更…BodyPaintの「再マップ...」を試してみる。

前回の続きです…

カメラマップからUVWマップへ変更し、BodyPaintへ作業を移します。

Cammapcalibuv_25

レイアウトは「BP UV Edit」です。

試しに、この状態でレンダリングします。

Cammapcalibuv_26

直線は、見た目に直線でレンダリングされているようですね…

左下の「マテリアル」タブのマテリアルの「×」をクリックしておいてください。

Cammapcalibuv_34_2

UVポリゴンを選択して、「UV座標を固定...」をし現在のUVを記憶させます。

Cammapcalibuv_27

右下の「UVマップ」タブのマッピング属性の最適化を実行します。

Cammapcalibuv_28

必要だと思われる設定をしてください。

この状態で適用ボタンを押すとキャンバスのUVポリゴンは、次のように整列します。

Cammapcalibuv_29

では、「再マップ...」を実行します。

Cammapcalibuv_30

Cammapcalibuv_31

発光チャンネルがOnになっているので、このままOKボタンを押します。

Cammapcalibuv_32

少し見づらいかも知れませんが…

窓の横のラインがウネっています。
この原因も、以前の記事で説明した通りです。
レンダリングして確認します。

Cammapcalibuv_33

やはり、窓の横のラインがウネっています。

が、整列しているので、手を加えやすいと思います。

|

« C4D CamMapCalibでテクスチャの投影を「正面」から「カメラマップ」へ… 更に「UVW座標を生成」で「UVWマップ」へ変更すると… | トップページ | C4D UVWタグでポリゴン数の違うオブジェクトへ複製すると…? »