« C4D R11.5Demo より C4D基本マテリアル | トップページ | C4D Maxonサイトで紹介していた「NO KEYFRAMES」の後半の床の凹み… »

昨日も、「C4D パーティクル」で検索して、ここにたどり着いた人がいたので…

時々、「C4D パーティクル」と言うワードで検索して、このブログにやってくる人がいますが…
昨日も、このワードや「cinema 4d パーティクル チュートリアル」「cinema 4d エミッタ チュートリアル」で検索して来た人が…
でも、C4D標準パーティクルの事を検索までして得たい情報とは…?

それともThinkingParticlsの情報を探していたのだろうか…?

それならば、検索ワードは「C4D Thinking Particls」等で検索しないといけないのでは…?
それなりの検索ワードで検索しないと、得たい情報に巡り合うまでに、無駄な時間がかかりますね…

ん?検索した人は「C4D使い」とは、限らないか…

まぁC4D自体の情報が少ないから…
Thinking Particlesの日本語の情報を得たくても、皆無に等しいね…

ところで、Thinking Particlsの具体的に突っ込んだチュートリアルって見かけないですよね…
自分も、まともに使った事がありません…
ただ、なんとなく…

なので、標準パーティクルで今日も遊んでみました…
ただし、前回と同じ様なものです。
でも、「球体の衝突」と「床の衝突」と「自己衝突」を分けたので、少しだけ使えるものになりました…

レンダリングしていると…
コンソールにはエラー表示されないのですが…
不可解な現象が…

110フレーム
Particls_02
ここまでは、問題が無いように思いますが…

111フレーム
Particls_03
奥の球体のアンビエントオクルージョンが消えます…

112フレーム
Particls_04
影、アンビエントオクルージョン、パーティクルが消えました…

原因が全くわかりません…

メモリー不足なのか?

R9.5だからなのか…?

「R11.5にバージョンアップしなさい!!」と言う、お告げなのか…
いいえ、自分は無神論者…

パーティクルの出現率を変えると、消えるフレームが前後します。

自己衝突を無効にすると、パーティクルの消滅がなくなりましたが…
パーティクルが消えなくても、アンビエントオクルージョンがOffになったりOnになったり…

自分には、R10以降ではDemo版なので確認できませんでした。

本当は、メタボールにして、チョコをかけている感じにしたかったのですが…

Particls_01

問題が回避できなかったので、あきらめました…

いやいや…完全に、あきらめてしまう前に… 球体を1個にして再開しました。

興味のある人は、遊んでみてください… でもね、不具合があるので…
いつもの様に、大切なファイルは保存し閉じてからね…

シーンファイルR9.5「StandardParticls.ZIP」です。

今なら、こう言うものは、旬なMoGraphでも作れるのかなぁ…
MoGraphの事は、よく分からないけど…

標準パーティクルで、ここまでするなら、素直にThinking Particlsを使った方が良いんでしょうけどね…

ThinkingParticlsとの格闘ブログも良いのかなぁ…
でも、チュートリアルが少ないと言う事は、ユーザも少ないんだろうね…
そんなブログは、誰にも読まれないんだろうね…

と、言いながら、このブログは、C.O.F.F.E.E.寄り…
C.O.F.F.E.E.のブログは皆無だし…
じゃぁ誰にも読んでもらえないのか?と言うと、そうでもないみたいで…
読んでくれてる方へ、「ありがとう…」

じゃぁ誰か、ThinkingParticlsのブログを書いてください…
私が隅から隅まで、読まさせていただきます。

ところで、C4Dのモジュールの普及率を知りたくないですか?
自分は知りたいです。
どれだけのユーザが、どんなモジュールを使っているのか…

次のリンクは、Maxonなのですが…
このリールの最後のパートで、オブジェクトが床にめり込む表現は、専用のツールがあるのだろうか…?
http://www.maxon.net/ja/home/quicklinks/aixsponza-no-keyframes.html
このリールの作成は、主要部分は全部MoGraphなのかなぁ…

ところで、動画を再生する為にQuickTimePlayerを起動すると、立ち上がりまで物凄く遅くないですか?
動画を確認するだけなのに、待ち時間が長いとね…
Q.T.Playerがwebにアクセスでもしようと、してるのかな…

最近まで、自分のPCには、「驚速2006」なるソフトが入ってました… もう2009年後半ですが…
かなり以前に友人に薦められたんですけどね…
PCやアプリの立ち上がりが速くなるとか…
インストールして、高速化のボタンを押すだけ…
インストールした当時も、そんなに「速くなった感」を感じず…

で、数日前に、IEの立ち上がりもかなり遅いし…
たまには、「驚速2006の高速化ボタンでも押してみるかぁ…」と、ね…
プログレスバーダイアログが表示されて「高速化…」が、始まり…

3時間たっても、プログレスバーが1/3で止まったまま…
ダイアログが閉じられない…
タスクマネージャでも無理か…
無視してPCを再起動…

役立たずなアプリは、お払い箱…
即、アンインストーラーを起動…

アンインストールの準備中ダイアログが表示され…
プログレスバーが動き出した…
「さようなら… 驚速2006…」

2時間ほど放置しましたが、プログレスバーが1/4で止まったまま…
こちらも、タスクマネージャでも終了できず…
再度、無視してPCを再起動…

アンインストーラーまでも…
流石だ「驚速2006」…
ところで、「驚速2006」の評価は…?

web検索すると…
他の人も「アンインストーラーが、まともに動かない」ような事が…
「驚速2006」も、この程度のアプリなのか…
手動でのアンインストールの方法を販売元のサイトで確認…
regedit使わなきゃいけないのか…
レジストリのバックアップを取れって… 面倒だから、そのまま作業…
削除の項目をIE見ながらの作業は、これまた面倒だ…

バックアップとっていないから、余計なものを消さないように…
無事に「驚速2006」と、お別れができた…

どうしてだろう…
IEの立ち上がりが、かなり速くなり…
新規で空のタブを開き「about:blank」が表示されるまで、数十秒かかっていた事が…
2、3秒で完了…
お気に入りからのサイトへのリンクも速くなった…

今までの、遅くてイライラ感の充満が…

もう2度と「驚速」なるものとは…

結局「驚速2006の高速化ボタン」がきっかけで、アンインストール作業に転じ…
最終的に高速化できたわけで、「めでたし、めでたし…」と言う事ですかね…

あとひとつ、気になるヤツがHDDの中にいる…
「ウィルスバスター」だ…

すみません、半分はC4Dネタと関係ありませんでした…

|

« C4D R11.5Demo より C4D基本マテリアル | トップページ | C4D Maxonサイトで紹介していた「NO KEYFRAMES」の後半の床の凹み… »