« C4D 直線スプラインをガイドラインに使う時… | トップページ | C4D CamMapCalibの為のガイドラインテスト…消失点を… »

C4D 前回のガイドラインを使ってCamMapCalibの為のガイドラインテスト…野望は続く…

背景画像にカメラを合わせる為には、2つの消失点と地平線が必要です。

Background_47

2つの消失点を求める為のガイドライン4本と、地平線の1本を作ります。
消失点を求めるガイドの端点を制御するヌルオブジェクトは、4本×2=8個…
地平線の端点のヌルオブジェクトは、2個…

Guide_05
地平線の端点は、消失点を求めるガイドラインから交点をXPressoで算出し制御します。
操作できるのは、消失点を求めるガイドラインの端点のみです。
GuideLine_02.ZIP

今回のオブジェクトの構成は…

Guide_09

まずは前回と同様に、ヌルオブジェクトにスプラインのポイントを追従させます。

今回は、左側の2本の緑のガイドラインは2セグメントの1つのスプラインです。ポイントは4個。

Guide_06

同じように右側の2本の赤いガイドラインも処理します。

Guide_07

地平線も処理します。

Guide_08

全てのポイントがヌルオブジェクトに追従します。
GuideLine_03.ZIP

Guide_10

さて、ガイドラインから消失点を求めるには、ガイドラインの交点を求めます。
この記事を参考に…
http://villager-and-c4d.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-21aa.html

今までの無駄な経験を生かして… 生かせるか…?
明日中には、形にしたいなぁ… 無理か…

とりあえず、ここまでで…
キャプチャはR11 Demoですが、公開する予定のシーンファイルは、R9.5です。
近いうち、R11.5を手に入れ!!… たいなぁ…

|

« C4D 直線スプラインをガイドラインに使う時… | トップページ | C4D CamMapCalibの為のガイドラインテスト…消失点を… »