« C4D CamMapCalib制作の為のテスト… 何かオブジェクトが選択されていたら… | トップページ | C4D Projection Manって… »

C4D CamMapCalib制作の為のテスト… ガイドラインドラッグに対応…

計画性が無いので、もうソースコードがメタメタ…
無理やりガイドラインのドラッグを組み込んで見ました。
少しは、合わせやすくなりますが…

でも、何が起こるかわかりません。

カメラや背景オブジェクトが選択されているか判別し、オブジェクトの新規追加に対応しました。
背景オブジェクトを選択した状態で、このプラグインを起動させると…

とんでもない事が起こるわけではないのですが…
既に取り付けられているテクスチャタグを残して、新規でテクスチャタグを取り付けます。

そもそも、背景オブジェクトにテクスチャを複数取り付けるだろうか…?
要するに、背景画像をベースにα抜きをしたマテリアルを重ねる事はあるのだろうか…

もし、あるのであれば、全てのテクスチャタグを削除して、新たにテクスチャタグを付けるのは、迷惑な行為だろう…

ふと、気になったのがProjection Man…
Projection Manの事は、全く知識が無いのだ…
そもそも、このプラグイン自体、Projection Manに含まれている機能だったりして…
webだと思うが、Projection Manの事を「カメラを正確に配置してカメラマップを作成する…」って書いてあったような…

そうすると、ここ数日の事は、全てマヌケな事をやっていた事になる…
まぁ、そうだったなら… 「無計画で、どれくらい早くC.O.F.F.E.E.Pluginを形にできるかテスト」をやったと思う事にする…

それに、ユーザエリアの操作も大体覚える事ができたしね… 前向きに考えよう…
自分自身、得たものはあったしね…

今回は、ガイドラインがドラッグできます。
Guide_48

CamMapCalib_R11_02.ZIP

あ、Undo処理には対応していません。
まだまだ、仮IDです。
今回はR11用だけですが… R9.5用は必要だろうか?

|

« C4D CamMapCalib制作の為のテスト… 何かオブジェクトが選択されていたら… | トップページ | C4D Projection Manって… »