« C4D 「分離」ツール、SendModelingCommand()では? | トップページ | C4D C.O.F.F.E.E. SendModelingCommand()とCallCommand()。どっちを使う? »

C4D C.O.F.F.E.E. SendModelingCommand()でポイントやポリゴンを削除する。

これも、ネタではありません。
メモ程度です。

次のスクリプトは、スプラインやポリゴンオブジェクトのポイントが削除できます。

ポイントを削除します。

/*
ポイントをSendModelingCommand()で削除する
2009.6.22
*/


var ct = new(BaseContainer);

SendModelingCommand(MCOMMAND_DELETE , doc , op , ct , MODIFY_POINTSELECTION);

ポリゴンを削除します。

/*
ポリゴンをSendModelingCommand()で削除する
2009.6.22
*/


var ct = new(BaseContainer);

SendModelingCommand(MCOMMAND_DELETE , doc , op , ct , MODIFY_POLYGONSELECTION);

違いはSendModelingCommand()の最後のモード用引数。

MODIFY_POINTSELECTION 選択したポイント 選択したポイントが削除されました
MODIFY_POLYGONSELECTION 選択したポリゴン 選択したポリゴンが削除されました
MODIFY_ALL 全てのポイントやポリゴン ?何も起こりません…

MODIFY_ALLで、ポイントにもポリゴンにも両方対応できるのかと思ったら何も起こらず、がっかりしました。

CallCommand()の場合。
ポイントとポリゴンの違いはありません。これ一つで2つに対応します。

/*
ポイントやポリゴンを削除
*/


CallCommand(12109);

CallCommand()の場合は、現在の編集モードで対象がポイントなのかポリゴンなのかが決まります。

SendModelingCommand()の場合は、現在の編集モードに関係なくSendModelingCommand()の最後のモード用引数で指定されたエレメントが、強制的に削除されます。

|

« C4D 「分離」ツール、SendModelingCommand()では? | トップページ | C4D C.O.F.F.E.E. SendModelingCommand()とCallCommand()。どっちを使う? »