« 連なったものをスプラインに沿わせるには… | トップページ | ここまで来たら、本当に列車をスプラインに沿わせてみる。 »

連なったものを「きっちり」スプラインに沿わせる為に使うC.O.F.F.E.E.ノードを作ってみた…

連なっていなくても、「きっちり」沿わせる為に使うノードです。
単体では、完結しません。「スプライン」ノードに似たC.O.F.F.E.E.ノードで作ってあります。
遊んでみてください。

このC.O.F.F.E.E.ノードで、スプライン上の指定位置から任意の直線距離の最も近いスプライン上の位置を取得できます。

Play_the_spline_64

Play_the_spline_65

緑の球体Aから距離143離れた、最も近いスプライン上の位置に青い球体Bを配置しました。
矢印とサークル、数字は分かりやすくするためのガイドです。

ユーザデータの距離は、10~1000に限定したいますが、マイナス値も設定できます。
マイナス値を与えた場合は、指定したスプライン上の位置から0.0の方向になります。

このファイル9.5は、「SplineArrange_05.ZIP」です。

では、これを利用して、前回のパイプと玉をスプラインに「きっちり」沿わせて見ます。

Play_the_spline_66

「スプラインに沿う」エクスプレッションは外しました。
「きっちり」並んでいるように見えます。

XPressoです。くり返し用のノードを使わずザックり作成しました。まぁシンプルではあるが…

Play_the_spline_67

「一番近いスプライン上の位置」ノードから得られる「p:dist離れた次のスプライン上の位置」を、新たな「一番近いスプライン上の位置」ノード「pos」に入力し、更に次の…

前回のきついカーブの部分で確認…

Play_the_spline_68

問題なく、スプラインに沿っています。パーツもめり込んでいません。

今回のファイル9.5は、「SplineArrange_06.ZIP」です。

|

« 連なったものをスプラインに沿わせるには… | トップページ | ここまで来たら、本当に列車をスプラインに沿わせてみる。 »