« レンダリングできる「軸」が必要になったので作ってみた。 | トップページ | C4D 標準パーティクルの衝突回避と速度制限 »

XPressoでカウンター

C4Dの3D空間上で使えるカウンターを作ってみました。
と言っても、数値を表示するXPressoです。
でもこれは、ちょっと違います…

このカウンターは、数字オブジェクトを自由に設定できます。
自分が望むオブジェクトなら、数字以外でも可能です。

Counter

上が4進数、下が10進数です。

指定するのは、数字グループ「chrs」、桁グループ「ct」、数値(整数)「ctv」、左揃え「L」、桁Xピッチ「p」です。

Counter_01

数値は整数ですが、今回は時間ノードの「実数」を連結して秒をカウントしています。
1桁をピッチX幅300で送っています。

オブジェクトマネージャは…

Counter_02

オブジェクトの名前には、全く意味はありません。
数字オブジェクトの数がn進数になります。
桁はインスタンスで、インスタンス以外が含まれると処理しません。

Counter_03

今回のピッチは300なので、オブジェクトは300以下で作ってあります。
オブジェクトは軸を中心に作成してください。
上の「0」は+Xに偏っています。
左揃えにすると+Xに、右揃えにすると-Xに数値は展開します。

C4DR9.5ファイル「Counter.ZIP」です。

|

« レンダリングできる「軸」が必要になったので作ってみた。 | トップページ | C4D 標準パーティクルの衝突回避と速度制限 »