« 前回のフレームワークを修正 | トップページ | 以前にも取り上げた、SendModelingCommand()でスプラインのポイントを追加する »

C.O.F.F.E.E.プラグインでダイアログを使うには…復習

この記事は、具体的なプラグインを作るわけではありません。
もう、小さくても単純でも、ユーザスクリプトが作成できるなら、このフレームワークでユーザスクリプトを作るのと同じように、作成が可能です。

今回は、一歩進んでダイアログを使ってみよう。

ダイアログね…
ユーザスクリプトでのダイアログの使い方は、知っているだろうか…

正直に言うと、最近使ってないから忘れた…
それならば、以前の記事で復習しよう…

ユーザスクリプトでモーダルダイアログを使う。

ユーザスクリプトでダイアログを使ってパラメータ入力し、新規でスプラインを追加

ユーザスクリプトでダイアログを使ってパラメータ入力し、新規でスプラインを追加して、
そのスプラインに押し出しNURBSを適用

ダイアログのコンボボックスを使ってポイントを選択

ユーザスクリプトでモーダルダイアログを使う為のユーザスクリプトフレームワーク

振り返ってみると、訳の分からん事を色々やってますね…

でも、このブログは見てくれた皆の役に立ってるんだろうか…

|

« 前回のフレームワークを修正 | トップページ | 以前にも取り上げた、SendModelingCommand()でスプラインのポイントを追加する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。