« ガベージコレクション | トップページ | XPressoで簡易窓枠 »

XPressoで電球のフィラメント(うそ!)

いい加減C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」を完成させないと…と思ってはいるのですが…
気分転換中…いつまで気分転換してるのだろう…
HDが満杯になってきたので整理をしようかと思い、古いファイルを見ているとXPressoで電球のフィラメントを作っていたので、載せてみました。R9.5のファイルです。R11でも動くと思います。

Filament

ごめんなさい。XPressoで発光させるとかではなく、スプラインを螺旋状にする。
正確には、パススプラインに沿わせてスプリングスプラインにするXPressoです。

Filamentxpresso

XPressoの入力は、

pass : パススプライン
spring : スプリングスプライン
stf : 螺旋開始の端を平坦にするフラグ
startLen : 螺旋の開始の端からの平坦の長さ
edf : 螺旋終了の端を平坦にするフラグ
endLen : 螺旋の終了の端からの平坦の長さ
radius : 螺旋の半径

端の長さは0.0~1.0です。

Filament_2

螺旋の巻き数はポイントの数で調整してください。4個で1巻きです。10巻きでしたら40個です。
前回、螺旋スプラインのXPressoを作りましたが、螺旋をこよなく愛しているわけではございません。いやいや、そんな事を言いたいのではなく…

前回、螺旋スプラインのXPressoを作りました。そのときはベジェでハンドルを調整し最小限のポイント数で螺旋を補完しました。今回は、3次でC4Dに補完させているので、螺旋の開始/終了の平坦部分との境目が小さく波打ってしまいます。ま、ベジェで補完すればコントロールできるのですが、これを作ったときは、まだ未熟者だったのでC4Dに補完させてしまいました。ごめんなさい…正直に言うと、今も未熟者。

フィラメントXPressoは「filament.ZIP」です。
いつものように、大切なC4Dファイルは閉じて試してください。
なにかあっても、責任は取れません。

|

« ガベージコレクション | トップページ | XPressoで簡易窓枠 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。