« C.O.F.F.E.E.での配列変数のテスト-3 | トップページ | XPressoで電球のフィラメント(うそ!) »

ガベージコレクション

唐突ではありますが、ガベージコレクションを…
変数などで使用したメモリのうち、不要になったメモリー領域を自動的に開放する機能です。自動的なのでC.O.F.F.E.E.ユーザがあえて意識する必要はないんですが…
配列変数などで大量にメモリーを必要とする前とか、配列変数を削除した後に意識的にガベージコレクションを実行する事ができます。ま、「自動的ではなく手動で実行するのだからガベージコレクションって言って良いのか?」って思う人もいるかも知れませんが、気にせず進みます…

C.O.F.F.E.E.SDKには、あまり詳しくは記載されていません。それほど重要ではないという事なのでしょう。自動的に実行されるので、ユーザが意識する必要がないからでしょう。ただ、自動的と言っても、どのタイミングで実行されるのかは不明。でも不要になったつど実行されるとC4D自体のレスポンスが悪くなるでしょう。だからどこかのタイミングでまとめて行うと思う。(あくまでも自分の予測ですが…)

ガベージコレクション関数は、

gc();

引数なしで、これだけです。

SDKには…
gc()は直ちにガベージコレクションを強制実行する。
ガベージコレクションはオブジェクトや変数に割り当てられないメモリーを解放する。
通常、いつでも実行されるので、注意を払う必要がない。
しかし、時々、ガベージコレクションが実行されない間に、重い計算をする前にガベージコレクションを強制実行することは有効であるかもしれない。

と記載されている。

|

« C.O.F.F.E.E.での配列変数のテスト-3 | トップページ | XPressoで電球のフィラメント(うそ!) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。