« C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」-致命的え?らぁぁ | トップページ | C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」セグメントの対応 »

C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」-不具合のとらえ方を勘違い

「ThreePointsToArc」の不具合で、「セグメントの切れ目をまたいで適用し、ポイントが追加されたとき」と把握した不具合が、実は勘違いだった。セグメントの切れ目をまたいで選択したポイントに適用できないようにソースを修正、何の疑いも無く動作確認をした結果…

一言で言うと動作確認が不十分でした。セグメントをまたがなくてもポイントが追加されれば、セグメントが壊れてしまうのでした。

Treepointstoarc_7
あぁ、そう言えば、セグメント処理は何一つしてませんでした。と言うかVariableChangedのマッピングで全部処理してくれると思ってました。でもその為のマッピング機能でしょ?と逆ギレしても自動的に不具合が直るわけではないので…直しますかぁ。

ところでVresionNumberってどう言うふうに付けるのかなぁ…マイナーチェンジ0.1刻みだと10回?どの程度が0.1なんだろう?0.9まで行ってしまって、しぶとくマイナーチェンジするとなると、0.01刻みにするのか?それとも思い切ってメジャーチェンジするの?
面倒だなぁ。ワインのように日付にしたどうなんだろう。Ver2001.1.6とか…一目でいつバージョンアップされたか分かるし…あぁ、でもどのくらいバージョンアップされたか分からないかぁ。

|

« C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」-致命的え?らぁぁ | トップページ | C.O.F.F.E.E.プラグイン「ThreePointsToArc」セグメントの対応 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。