« C4Dスキーム resファイル2 | トップページ | スキームPDFと次のネタ »

C4Dスキーム resファイル3

ポップアップボタン。 クリックするとポップアップメニューが出るボタン。

Popupbotton_2

SHIFTでシンボル位置の調整。

Popupbotton_shift

ラジオボタン。

Radio

スライダー

Slider

アップダウン。数値ボックスの右に付いている数値の増減ボタン。

Updown_2

SHIFTで位置の調整。

Updown_shift

アロー。スクロールバーの端に付いているボタン。スクロールバー以外にも使われる。

Arrow

スクロール。

ScrollvScrollh

タブ

Tab

SHIFTで位置調整。

TAB_TEXTSHIFT_X_ACTIVE 0;
TAB_TEXTSHIFT_Y_ACTIVE 0;
TAB_TEXTSHIFT_X_INACTIVE 0;
TAB_TEXTSHIFT_Y_INACTIVE 0;

これを指定しないとFORCUS時のテキストは2ドット上に表示される。

Tab_textshift

タブボタン

Tab_button2

タイム

Time

バー

Bar

左側のクローズボックスは通常。右側がクリックされたとき。
ただしクリックするとFORCUSのビットマップが使われる。
BAR_CENTERTEXT
タイトルテキスト位置。0:左寄せ。1:センター。

その他
MENU_BORDER_DISABLE
ファイルや編集メニューの縁無しの状態。0:メニューの縁有。1:メニューの縁無し。

|

« C4Dスキーム resファイル2 | トップページ | スキームPDFと次のネタ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。