« C4Dスキーム resファイル | トップページ | C4Dスキーム resファイル3 »

C4Dスキーム resファイル2

コンボの設定。座標マネージャ下方の座標系(ローカル/グローバル)の選択などのパーツ。

  COMBO_L_W  6;
  COMBO_M_W  8;
  COMBO_R_W 21;
  COMBO_T_H  7;
  COMBO_M_H  8;
  COMBO_B_H 13;

  COMBO_TL_X  5;
  COMBO_ML_X  5;
  COMBO_BL_X  5;
  COMBO_TM_X 12;
  COMBO_MM_X 12;
  COMBO_BM_X 12;
  COMBO_TR_X 21;
  COMBO_MR_X 21;
  COMBO_BR_X 21;
  COMBO_TL_Y 40;
  COMBO_TM_Y 40;
  COMBO_TR_Y 40;
  COMBO_ML_Y 48;
  COMBO_MM_Y 48;
  COMBO_MR_Y 48;
  COMBO_BL_Y 57;
  COMBO_BM_Y 57;
  COMBO_BR_Y 57;

ボタンと同じように左右3分割、上下3分割の9パーツ。構成もまったく同じ。

コンボ右側の三角形(シンボル)の設定。パーツは1個。R9だと2つの三角形が上下を向いているけど、R10は下向きのみの三角形のようですね。デザインなので横向いていようが関係ないですが。

  COMBO_SYMBOL_W  7;
  COMBO_SYMBOL_H  9;

  COMBO_SYMBOL_X  50;
  COMBO_SYMBOL_Y  40;

Combo

コンボテキストと三角形(シンボル)の表示位置。

Combo_shift

  COMBO_TEXT_SHIFTX 2;
  COMBO_TEXT_SHIFTY 0;

  COMBO_SYMBOL_SHIFTX -1;
  COMBO_SYMBOL_SHIFTY  0;

ボタンのテキスト基準位置と表示基準位置は両方とも中心でしたが、コンボのテキストは左端が基準になっています。
シンボル基準位置は中心で表示の基準位置はコンボの右列の中心。

チェックボックス。

  CHECKBOX_W 13;
  CHECKBOX_H 13;

  CHECKBOX1_X  5;
  CHECKBOX2_X 21;
  CHECKBOX3_X 37;
  CHECKBOX1_Y 80;
  CHECKBOX2_Y 80;
  CHECKBOX3_Y 80;

1がチェックなし、2がチェック、3が同じクラスのオブジェクトを複数選択したとき属性マネージャでのチェックボックスアイテムの値がチェックなしとチェック状態が混ざっているときの状態。
3つともWとHは共通。

Checkbox

更に続く。

|

« C4Dスキーム resファイル | トップページ | C4Dスキーム resファイル3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。